1. ダイタデシカ、TOP
  2. 割れた器の持ち込み、受け付けてます ~ダイタデシカ、でやってみる金継ぎ~
KINTSUGI

大切な器を金継ぎで修理します

思い出のつまった器が割れたり、欠けたりしていませんか?
世界にたった一つだけの大切な器を漆で修理致します。
これからも長く使って、ものを大切にする暮らしを…
ダイタデシカ、の店頭に陶磁器をお持ち込みいただくと、修復のお見積りができます。
器の規定や費用の目安などの詳細はQ&Aをご覧ください。

ご来店前に一度お電話ください。
営業日: 金・土・日・月 13時〜20時(担当:南)

うるしさんの金継ぎ(体験講座)代田教室

金継ぎの世界に少しだけ触れることができるデモンストレーション形式の体験講座です。
作業の一部を体験しながら、ご自分の器を漆でシンプルに直してみましょう。
今回は「欠け」た器を修理するコースのみの募集です。

欠けを直すコース(全3回)

小さな欠けのある陶磁器(お茶碗サイズくらいまで)を2点直すことができます。

定員 6名(最少催行人数4名)
日程 2017年9月~10月/月曜日/13:30~14:30
①9月11日(月)
②9月25日(月)
③10月16日(月)
参加費 ¥12,000(税込)

器の規定などの詳細(Q&Aをご覧ください)について、ご確認&ご了承をいただいた上で、お申込みフォームもしくはダイタデシカ、店頭にてお申し込みください。 満席になり次第、募集終了となります。

お申込みはこちら

※申し訳ありませんが、同業の方のお申し込みはご遠慮いただいております。

講師紹介

うるしさん
村田優香里と坂本恵実による2人組ユニット。
漆をもっと身近に感じてもらいたいという想いから、「楽しくうるしと。」をコンセプトに活動をスタート。
漆芸の技術を生かし、本漆を用いた金継ぎや日用品の制作を行いつつ、都内を中心に各種ワークショップを開催中。
ともに、国立高岡短期大学(現・富山大学)専攻科修了。

[HP]http://urushisan.com/

よくある質問(Q&A)

修理について

ガラスや金属の器は直せますか?
お見積もり可能な器は陶磁器のみです。
修理期間はどのくらいですか?
ご注文から約3ヶ月ほどお待ちいただきます。 金継ぎ完了次第、ご連絡いたします。 店頭にて、お引き取り&お支払いをお願いします。
一度修理に失敗したものは直せますか?
接着剤がきれいに除去された状態であれば、一応、漆で直すことはできますが、接着剤の成分が器の断面に少しでも残っていると、漆でしっかりと接着できない可能性があります。もし、接着剤で修理してある器のお持ち込みをご希望の場合には、事前に接着剤をきれいに除去しておいてください。
接着剤は何を使いますか?
国産の天然漆(うるし)で接着します。漆は塗料としてだけでなく、古来から強力な接着剤としての役目も果たしています。市販の接着剤は使用しません。
口をつける食器でも安全ですか?
漆は安心安全な天然塗料です。乾いていない漆に触れるとかぶれる人もいますが、完全に乾いた漆に危険性はありませんのでご安心ください。
修理した器は、食洗機や電子レンジでも使えますか?
オススメしていません。漆塗りの食器は高温になることによって、漆とベースの素材が膨張してしまい、塗りが割れたり、剥がれたりしてしまうので注意が必要です。
金は剥がれてきますか?
強くこすったり、鋭利なもので傷つけると剥がれてしまうことがあります。
洗うときはやわらかいスポンジで丁寧に扱ってください。
料金はいくらですか?
目安は以下のとおりです。

< 欠け >

金消し粉仕上げ
¥6,500 ~
銀消し粉仕上げ
¥6,000 ~
  塗り仕上げ
¥5,000~
器の大きさや破損状態によって費用は変動します。
お見積もり時に、詳細をご確認くださいませ。
修理代金のお支払いはどのタイミングですか?
修理受付の時点で前金3,000円+税を、修理が完了した器をお渡しするタイミングで残金をお支払いください。
見積もりにはどのくらい時間がかかりますか?
店頭でお見積りをし、その場でお伝えができます。
随時受付中です。お気軽にご相談ください。
ワレ・カケ・ヒビの違いを教えてください。

下の画像を参考にしてください。

破片が足りない器は直せますか?

直せます。破片が足りない場合は漆を使ったペーストで欠けている部分を埋めることができます。

体験講座について

体験講座にふさわしいのはどんな器ですか?
釉薬(器の表面を覆っているガラス質の部分)がある陶磁器がオススメです。
陶磁器であれば、どんな器でも漆で直すことはできますが、「釉薬」がない場合、綺麗に仕上がらない可能性があります。
なお、陶磁器以外(金属や木、ガラスなど)のお持込みはご遠慮ください。
器のサイズや数に制限はありますか?
【欠けを直すコース】お茶碗サイズ程度までの器、2点までです。
【欠けを直すコース】では、どんな欠け具合でも直せますか?
「欠け」の数には制限がありませんが、直径5mm程度、深さ1mm程度までの欠け具合がオススメです。
大きめの「欠け」はしっかりと埋めきれない可能性があります。ご心配のある場合には、事前にご相談ください。
手元に欠けた器がないのですが参加できますか?
こちらで保管している破損した器のなかから好きな器を選んでご参加いただくことができます。器は有料ですが、完成後はお持ち帰りいただけます。詳しくはお問い合わせください。
「ヒビ」は直すことができますか?
「欠け」を直す作業とあわせて、「ヒビ」を直す作業も行うことができます。なお、「ヒビ」のみの器の場合には、「欠けを直すコース」で直すことができますが、「ヒビ」の入り方によって作業工程が少なくなってしまう可能性がありますので、事前にご相談ください。
すでに接着剤で修理してある器を持ち込んでも良いですか?
接着剤がきれいに除去された状態であれば、一応、漆で直すことはできますが、オススメはできません。接着剤の成分が器の断面に少しでも残っていると、漆でしっかりと接着できない可能性があります。もし、接着剤で修理してある器のお持ち込みをご希望の場合には、事前に接着剤をきれいに除去しておいてください。
修理した部分は、金色になりますか?
金色・銀色仕上げ方法のレクチャーと講師によるデモンストレーション(銀仕上げ)がありますが、参加者の皆様は漆塗りでの仕上げを体験していただくため、ご自分で直す器は赤や黒などの漆の色になります。 金色・銀色の仕上げ(金粉・銀粉での加飾)をご希望の場合には、別途、講師が有料にて承ります。
道具や材料など、事前に準備が必要な物はありますか?
器のみをご用意していただければOKです。道具や材料など、必要な物はこちらで準備しております。
お休みした場合はどうなりますか?
振替日をご用意することができないため、お休みした場合には、最後まで仕上げられない可能性があります。出来る限り、お休みなくご参加くださいませ。なお、お休みされる場合には、事前にご連絡いただきますようお願い致します。
参加費の支払いは、どのタイミングですか?
初回に店頭にてお支払いください。クレジットカードでのお支払いも可能です。
漆にかぶれる可能性はありますか?
金継ぎで使用する漆の量は少ないため、基本的には、漆が直接肌につかない限りかぶれることはありません。かぶれ予防のために、ゴム手袋とアームカバー、エプロンをご用意致しますが、かぶれの発症には体質や体調などによる個人差もあるため、もしご心配がある場合には、主治医の先生にご相談のうえご参加ください。講座へのご参加が原因でかぶれてしまった場合には、私どもでは責任を負うことができませんので、あらかじめご了承ください。
申し込みをキャンセルしたい場合はどうすればいいですか?
できるだけ早くご連絡ください。初回開催日の8日前までにご連絡いただければキャンセル料は発生しませんが、7日前以降のキャンセルの場合、コース受講料全額が発生してしまいますのでご了承ください。
申し込み人数が最低催行人数に満たない場合はどうなりますか?
初回開催日の7日前時点でコースお申込者が最低催行人数(各コース4名)に満たない場合は開催が中止になります。その場合は速やかにご連絡させていただきます。

ダイタデシカ、公式 Instagram @daitadeshika