1. ダイタデシカ、TOP
  2. 代田のまちのこと
  3. 珈琲が好きな人に贈る道具、できました。
IMG_0172

珈琲が好きな人に贈る道具、できました。

「ダイタデシカ、」という店名の由来には
世田谷代田というこの街にあるこのお店でしか
出会うことのできない作品や人に巡り会える。
そんな意味が込められてたりします。

このたびまさにダイタデシカ、「でしか」な道具ができました。
こちらです。

珈琲道具

代田にお住いの焙煎家の方と、
スグお隣の「ki」さんとの出会から
生まれたシンプルなドリップスタンド

珈琲好きな人のために贈る道具として
この上なく素敵な作品ができたと思います。

0

早速わが家にもやって来てもらいました。
珈琲好きなので、実際の使い心地も気になるところであります。

1

まずは挽いた珈琲をいれます~♪

2

サッツ

3

うーん。いいね○

4

さて、せっかくなので普段我が家で使っている
ケメックスと比較してみようと思います。

5

さぁお湯も、沸いた。

6

まずはダイタデシカ、の方から注ぎますよ。

7

おお・・・豆からポコポコ泡が出てるわい。
この時間が何気に好きだったりします。

8

お次はケメックス!
ケメックスをお使いの方は皆さん感じているかもですが
この子けっこう時間がかかるんですよね。

9

うん。蒸らせたと思うので、第2弾を注ぎましょう。

10

おお・・・スムースに出てくるね~。

11

ではケメックスも注ぎましょう。

12

いや~、なんか朝から我が家がコーヒースタンドっぽくて愉しいな○

13

・・・そろそろいいですかね。

15

左がケメックス、右がダイタデシカ、で淹れた珈琲でございます。

16

実際に飲み比べてみると・・・
ダイタデシカ、の珈琲の方がまろやか
ケメックスは酸味が強い感じがしました。
同じ分量で淹れてるのに、やっぱり道具が違うと
味もこんなに変わるもんですね。

昨今の珈琲ブームで、昔と比べて珈琲専門店が
だいぶ増えたように思います。
それに比例して、珈琲に興味・関心を抱いている人たちも
相当多くなったんじゃないでしょうか。
(かくいう僕もそのひとり)

例えばもし、皆さんの大切な人が珈琲好きで、
プレゼントにドリップスタンドを贈ろうかとお考えなのであれば
この道具はほんとうにお勧め。

なにせ焙煎家さんとカフェオーナーの要望とセンスが
絶妙にブレンドされている逸品だからであります。

ドリッパーはひとり分の量をサッと淹れやすい
ハリオのもの。スッと落ちてくれるので渋みや雑味が
味に残りません。

ドリップされたコーヒーは最初苦みが強く
後半になるほど、味が薄くなっていきますよね。

ぽってりした形状が特徴的なキントのマグカップは
ドリップが行われている最中にコーヒーが
上手く器の中で滞留することによって
全体的な味のバランスを整えてくれるのです。

珈琲道具

この道具に関してはまだまだご紹介したい事がありますので
今回はこのあたりで。

ダイタデシカ、に新しく生まれたドリップスタンド
きっと毎朝珈琲を淹れる時間をもっと素敵なものにしてくれますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ダイタデシカ、公式 Instagram @daitadeshika