1. ダイタデシカ、TOP
  2. ニュース
  3. 【特集日誌~進入編~】
素材20

【特集日誌~進入編~】

みなさんこんにちは。今回は4/9(木)にお届けした特集日誌の後編となっております。

ホワイトデーのお返しに悩む30代男子二人が、メガネ兄さんの案内を受けて辿り着いた先に彼らを待ち受けていたのは・・・

素材20

「さぁ今から本物のおもてなしをアナタたちに教えて差し上げるわ。先ずは奥の座敷へお行きなさい」 

正名顔写真1

「・・・アナタは一体」

素材11 - コピー

「何者なんですか?」

素材20 - コピー

「アナタたち豚男におもてなしの心を授ける者よ」

白井さんプロフィール

素材21

「この座敷は今、只の座敷ではないの。この空間は今、茶室となっているの」

正名顔写真1

「ちょっと言ってる意味がわからないッスけれども」

素材11 - コピー

「茶室って・・・座敷にプロジェクタースクリーンが下りてるだけだし」

素材20 - コピー

「・・・全然おもてなってないわ。この豚足男たち。。。いい?これからアナタ達は、表千家流茶道を通じて”おもてなし”の心を知るのよ。この座敷は、これからの数時間アナタたちにとっての茶室となるの。スクリーンで仕切られているこちらと向こう側では、世界が違うものと捉えなさい」

正名顔写真1

「・・・なるほど、メガネ兄さんが僕らをココへ飛ばした意味がなんとなく理解できたッス!」

素材11 - コピー

「そうだね正名くん!」

素材20 - コピー

「やっと理解ができたようね・・・。それじゃぁ茶室へとお入りください」

素材22

素材22 - コピー (2)

「じゃぁ僕からお先に」

素材22 - コピー

「どうぞどうぞ」

素材23

「おじゃましまーーーーーーーーーす!!」

素材24

「コンチワーーーーーーーーース!!」

素材25

「ネギシッ!!!」

素材25 - コピー

「なにするんスか!こんなシバキ、京都で宮大工修行をしていたとき以来ッスよ!」

素材20 - コピー

「正解の要素がまるでない入り方ね。これから正しい茶室への入り方を教えて差し上げるわ」

素材26

「スッ・・・」

素材20 - コピー

 「茶室に置いては、日常の立場を忘れ、誰も彼も同じ視点に立ってその空間を愉しむということが前提なの。その為に茶室の入口は狭くなっているの。この入口は躙口(にじりぐち)と呼ばれているの。「躙る」とは、正座のまま少しずつ膝で前に進むこと。躙口は高さが2尺2寸(約67cm)しかないので、このような体勢でないと中に入れないの」

素材27

「ススッ・・・」

素材20 - コピー

「そうすると、自然と頭を下げた状態になって、身分とかもうどうだっていいやってことになるわけよ」

素材28

「スススス・・・・」 

素材20 - コピー

「実るほど・・・頭を垂れる・・・稲穂かな・・・」

素材29

「シュッ」

素材20 - コピー

「茶室に入るところから、おもてなしの心のやりとりは始っているのよ・・・」

正名顔写真1

「なるほど・・・躙口(にじりぐち)にはウォータースライダー感覚で突っ込んじゃいけないって事っスね!

素材11 - コピー

「そうだね!正名くん!」

素材20 - コピー

「ゲジマユさんに至っては、全身で行ってたけれど、それは今日で最後にしなさい」

素材30

素材30 - コピー

「では・・・お座りください」

素材30 - コピー (2)

「それでは」

素材30 - コピー (3)

「お言葉に甘えて」

素材31

「ハアァ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ♨」

素材31 - コピー (2)

「いや~やっぱり木と畳の上って落ち着きますね~」

素材31 - コピー

「そうだね!正名くん!!」

素材32

ザクッ!

素材32 - コピー

「HOLY YES!!!!!」

素材32 - コピー (2)

「アナタの膝にはおもてなしの心がまるでないようね、教育的指導よ」

素材32 - コピー

「写真では伝わらないと思いますので説明しますが、先生の扇子によって僕の膝軟骨は粉砕しました。それは想像を絶する激痛と衝撃を僕の人生にもたらしたと云えます」

素材33

「茶室での基本姿勢は正座。正座をすることで精神が統一されるの」

素材34

「これが基本よ」

素材34 - コピー

「さぁ・・・それでは姿勢を正して、先ずはお茶菓子をお召し上がりいただこうかしら」

素材31 - コピー (2)

「お茶菓子・・・!いいすね~!腹ペコッスよ!」

素材31 - コピー

「ちょっとお菓子を食べてリラックスしたいよね~」

素材36

 ・

正名顔写真1

「じゃぁ遠慮なく」

素材37

 「スッ・・・」

素材38

「あ~~~~~~ん」

素材31 - コピー

「お言葉に甘えまして」

素材39

「あ~~~~~~ん♡」

素材40

ズンッ!!!

素材40 - コピー

「HOLY GOD!!!」

素材20 - コピー

「アナタの口にはおもてなしの心が何一つ無いようね」

素材40 - コピー

「写真では伝わらないと思うので説明しますが、先生の扇子によって僕の顎骨は砕かれました、これからご飯を食べるときには咀嚼をするのが難儀になりますが、いたしかないことをお伝えさせていただきます」

素材41

「お茶菓子を頂くときには、茶会に同席した方々と近況報告などしないながら、交流を愉しむ時間でもあるの。ゲジマユさんや大工さんたちみたいに一息に食べてしまっては、折角の機会が勿体無いわ。こうやって、一口でいただけるくらいの大きさに切っていただきましょう」

素材40 - コピー

「ゲジマユ・・・?」

正名顔写真1

「僕は正名といいます」

素材42

「一口ずつ丁寧に味わう・・・、ゆっくりとながれる時間を噛み締めるように・・・」

素材43

「これが基本よ」

素材20 - コピー

「さぁお茶菓子をお召し上がりいただいたところで、次はいよいよお茶の時間です」

正名顔写真1

「いよいいよ来ましたね!」

素材31 - コピー

「どんと来いですよ」


特集日誌~お茶編~】へ続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ダイタデシカ、公式 Instagram @daitadeshika