1. ダイタデシカ、TOP
  2. ニュース
  3. 【特集日誌~完結編~】
素材164

【特集日誌~完結編~】

前の話はこちらをご覧ください 【特集日誌~指導編~】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 素材153 「先生・・・あの掛け軸的なものは一体どんな意味があるんですか?」 ・ ・ ・ 素材154 「この掛け軸にはね、和敬清寂(わけいせいじゃく)と書かれてあるの」 ・ ・ ・ 素材155 和」は、聖徳太子の十七条憲法でも「和をもって尊しとなす」という言葉があるように、日本人の心、根本よね。「和敬」とは互いを敬いながら認め合う、尊重し合うという意味。「清寂」とは清らかな気持ちで、雑念なくその場に居るということ。「お互いを尊重し、ただその場を楽しむ」ということがこの掛け軸では表現されているのよ。お茶をする時間、そのひと時をかけがえのないものとして大切に思うことが、ひいては一期一会を大切にする「おもてなし」という言葉にも繋がるのよ。」 ・ ・ ・ 素材156 「だからこうしてあなたたたちが過ごした今日という時間は・・・」 ・ ・ ・ 素材157 「まるで宇宙が誕生したに等しい奇跡なのよ・・・」 ・ ・ ・ 正名顔写真1 「先生との出会いも奇跡だったってことですね」 服部顔写真2 「先生・・・奇跡をありがとう」 ・ ・ ・ 素材158 「もう大丈夫ね!これでもう貴方達はれっきとしたおもてなし男子よ!」 ・ ・ ・ 正名顔写真1 「いやぁ~!どんどんもてなしちゃますよ~!」 服部顔写真2 「どんと来いだね~!お茶バンバンたてちゃうよ!」 ・ ・ ・ 素材160 「あまり調子にのるなよ」 ・ ・ ・ 正名顔写真1 「ハイッ!汗」 素材11 - コピー 「完全に調子に乗ってましたすみませんでした」 ・ ・ ・ 素材161 「冗談よ(笑)大切な人に大切な時間を与えられるように、ちゃんとおもてなしの心を日々忘れずにいてね」 ・ ・ ・ ・ 正名顔写真1 「・・・・先生」 服部顔写真2 「ありがとう!」 ・ ・ ・ 素材164 ひとしきり「おもてなし」の心をお茶を通じて学んだ僕たちは、先生に促されてダイタデシカ、を後にすることにした。来たときとは打って変わってなんだか清々しい気持ちでお店のドアを開けることができた。僕らはこれからきっと、しっかりとしたおもてなしの心を持って大切な人へ贈り物をすることができるだろう。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  「本当にそうかな?」 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   素材165 「単に思っているだけで、実行しなくちゃ何も意味がないのさ。もしこの記事を読んで実際にお茶でのおもてなしをしてみたいと思った君たちの為に、今回使用した道具達のおさらいをしてあげようじゃないか。ちなみにこれらの道具は、全てダイタデシカ、で実際に手に取って見ることができる。今日お店に足を運び手に取って見るか、一生手に取らないか。どちらを選ぶのも君の自由だ。ただ一つ言えるのは、この道具たちは君と君の大切な人の人生を豊かにしてくれる。それだけは自信を持って伝えることができる。それではおさらいしてみよう」 ・ ・ ・ 素材162 素材163   ・ ・ ・ ■東屋・銅之薬缶東屋・茶筒平茶碗・白山陶器 ・ ・ ・ ・ ・ つづく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ダイタデシカ、公式 Instagram @daitadeshika